漁業

日本の漁業の歴史

日本は四方を海に囲まれているので、漁業の歴史は古く縄文時代にはすでに魚を獲っていました。その証拠として貝塚などからは貝などが発掘されているだけでなく、鹿の角などからできた釣り針も発見されていて既に釣りの手法があったこともわかります。なお、平安時代までは鯉、鮎、鮒といった川魚を中心に漁が行われていて、海の魚では鯛などが獲られていました。この頃までは物資の流通ルートがそれほど発達していなかったので、干したりすることで手軽に保存ができる魚が主流でした。

 

漁業

 

その後、鎌倉、室町時代になると流通ルートが発達しただけでなく、沿岸の漁場の開拓も進んで、スズキ、ブリ、サバといった魚も多く獲られるようになりました。これが日本の沿岸漁業の始まりになります。江戸時代に入ると戦国の世が終わったことや人口増加によって急速の漁業が発展し、この頃から様々な漁法が確立されるようになりました。また、明治時代になると欧米の視察によって日本の漁業に大きな変化がもたらされます。鯨やサケ、マスなどは大規模化が進み、多くの資本がつぎ込まれました。

 

その結果、漁業は一大産業となり沿岸部の漁村において雇用が創出されるといった経済効果の変化が生まれます。そして第二次世界大戦が終わると日本は食糧難に見舞われますが、人の食べ物が不足する中では穀物を飼料として畜産をするだけの余力もなく、たんぱく源の確保として漁業に大きな期待がかかります。そして、より大きな船で沖合や遠洋などの、より広い範囲の魚を獲るようになります。また、貴重な食糧であった魚は高い値段で取引されたため、戦後は漁業が重要な産業のひとつになり、大型漁船の水揚げ港には繁華街も見られるようになりました。しかし、漁船が大型化したことによって乱獲によって水産物はあっという間に水揚げ量のピークを迎えてしまいます。その後、乱獲以外にも地球の温暖化や発展途上国の人口増加などにより日本の漁業は下降線を辿っていきます。

沿岸漁業とは

沿岸漁業とは陸地近くの沿岸水域で行われている漁業の事です。5〜10トン未満の小型漁船が多く、家族でやっている人が多いのが特徴です。日帰り操業がほとんどで、狙いに定める魚は地域によって異なり、多種にわたります。サケやブリを狙う定置網漁や小型底引き網漁、地引き網漁やハマチや海苔、真珠を育てる養殖業も沿岸漁業に含まれます。

 

漁業

 

日本の沿岸地域は、南から来る黒潮と北から来る親潮がぶつかるので、世界でも魚がよく取れる好漁場として有名です。日本の漁師の80パーセント以上が沿岸漁業者で、そのほとんどが個人経営で行っています。

 

沿岸漁業漁師は自分が住んでいる町の近くの沖で漁を行う為、その土地ならではの魚をとる事がほとんどです。全国各地で沿岸漁業は行われているので、それぞれとれる魚も違えば漁法も違います。海の中層を泳ぐサバやアジ、タイや海底にいるヒラメやカレイにアンコウ、他にも海老やタコ、イカに貝類と、とれる魚介類は地域によって実に様々です。また同じ場所でも、季節によってとれる魚が違うので、旬を感じる事が出来ます。

 

働く時間帯も多岐にわたり、未明に出向して、昼に終わる漁の他にも、夕方から夜にかけて行う漁もあれば、日中だけ行う漁もあります。働く時間帯も狙う魚種や季節によって異なる事が多いです。

 

沿岸漁業は漁獲量や漁獲金額、働いている人数を見ても、日本の漁業の中心でしたが、漁獲量は1975年後半から1980年代をピークに、その後乱獲等の影響により魚が減った為、減少傾向が続いています。

 

そこで沿岸漁業では、これまでの魚をとるという事から、陸上の施設で親から卵を取って、その卵を孵化させて一定の大きさに稚魚を育ててから海に放流して資源を増やすという事に方向転換して、これからも持続的に魚が取れるように目指しています。

 

さらに沿岸地域は、海の沖合いや遠洋水域にいる魚の稚魚や幼魚が育つ大切な場所でもある為、全国の漁業関係者が沿岸環境の保全と資源回復の為に努力しているのが現状です。

沖合漁業とは

沖合漁業とは基本的に数日間で戻って来られるところが漁場の漁業の事です。主に日本近海で行われる事が多く、操業日数は短いものでは1〜2日、長いものでも数週間程度で帰って来られます。漁場や漁法によって多少に違いはありますが、基本的には漁船に平均で4〜15人程が乗っており、20〜150トン程度の船で出かけていく事が多いです。

 

沖合漁業は漁業会社によって行われている場合が多く、漁船の乗組員は漁業会社に所属している事がほとんどです。漁獲量は、日本の漁業の中でも最も多く、漁業全体の約40パーセントを占めています。

 

沖合漁業では、基本的に回遊性の魚をとっています。例えばマグロやカツオ、イワシやサバ等をとるまき網漁や、サンマをとる棒受け網漁も有名です。

 

まき網漁とは、魚の群れを探し出し、見つけるとその群れ一体を大きな網でぐるりと囲んでしまい、網の底から絞り上げていきます。その為、複数の船が必要となり、主に魚をとる網船の他に、魚群を探し出す探索船、とった魚を運ぶ運搬船で船団を組んで魚の群れを探索するのが特徴です。

 

棒受け網漁は、サンマの暗い夜に光に集まってくる習性を上手く利用した漁法です。サンマの群れを発見すると、船の片側の集魚灯でサンマを集め、反対側に大きな風呂敷のような網を用意します。そして集魚灯を消すと同時に今度は網のある側の集魚灯を点けると、サンマは一気にそちらに向かうので、網の中に誘い出して捕まえます。これらの漁法により、一回の操業で大量の魚をとる事が可能です。

 

しかし近年、地球温暖化の問題で、海水温が上昇し、その結果海洋や生態系に変化が起きており、魚の資源量や回遊経路の変化等が起きています。

 

日本の周辺海域には豊かな漁場がいくつもあり、水産資源の大事な供給源になっているので、今後もこれらを守る為には資源の保存と、有効利用を念頭に置いた操業を心がけ、沖合漁業だけでなく、沿岸漁業でも魚を乱獲しないという事が大切です。

遠洋漁業とは

遠洋漁業とは、主に大型漁船で外国の200海里水域内やどの国にも属していない公海を漁場とする漁業の事です。南太平洋やアフリカ近海のインド洋、北大西洋まで魚を取りに行きます。その為、船はほとんどが350〜500トンの大型が中心です。日本では需要が特に多く人気のマグロやカツオを中心で、イカやカレイ、海老やタコを取っています。

 

具体的にはマグロを取ってくる延縄漁業や、カツオ一本釣り漁業、ニュージーランドでは大型イカ釣り漁業の他にも、大きな網を使って魚を取る遠洋トロール漁業等があります。

 

遠洋漁業はかなり遠くまで漁に出る為、一度日本を離れると、短くても1ヶ月、長い場合だと1年半ぐらい帰ってこない事もよくあります。1年の多くを海の上で過ごす為、働き手も集まらないので、最近では乗組員に外国人を雇う所も増えてきているのが特徴です。

 

遠洋漁業の歴史は、明治時代から始まりました。そして戦後経済成長と技術革新によって、漁船技術は大きな進化と成長を遂げ、漁獲量は飛躍的な伸びをみせますが、1974年の約400万トンをピークに少しずつ減少しています。しかし依然として日本は国際的な漁業をリードする上で重要な立場にいるのが現状です。

 

日本の漁獲量が減っている理由はいくつかあります。まず日本人自体が食の欧米化により魚を以前ほど食べなくなったからです。また魚の乱獲により魚の数自体が減ったという事も挙げられます。他にも外国が漁業を出来る場所を制限する法律である200海里法が広く定着した事も原因の一つです。

 

それでも日本国内では消費者の好みの変化により、マグロや海老、カニといった高級魚介類は需要は増えているので、取る量自体は減っていますが輸入は増えていますし、最近ではアジやサバ等の大衆魚も輸入するようになっています。
遠洋漁業については、現在国際的にも魚介類の資源管理が重要な課題の一つになっており、操業や経営の合理化を徹底する等の対応が求められています。

養殖業とは

養殖業とは、魚介類に関してある一定の大きさに育っているものを捕まえ、売り物になるサイズまで人工手段を加えて育てる産業です。

 

養殖業のメリットとしては、収穫が安定する点です。通常、漁業として魚を収穫する場合には、天候や気候さまざまな要因によって収穫量が変化します。大量に収穫できる時もあればほとんど収穫がない年もあるため、安定することがあまりありません。この点において養殖業では一定の環境下で育てるため、安定した個体数の収穫できるのがメリットといえるでしょう。また、コスト的な面からも、天然魚を収穫するには、漁船を使う必要があり当然、それを動かすために燃料なども必要になります。人手も大量に動員してしまえば燃料や人件費だけでもかなりのコストがかかることになります。このように運航コストがかかる点が天然魚の収穫ではデメリットといえますが、養殖の場合には、そのような運航費が必要ないというのがメリットといえます。

 

養殖業のデメリットは、養殖魚を育てるための施設にかなりの費用が必要なこと、そして、餌代などがかかる点や天然魚と比較した場合、売値が安い点です。養殖魚を育てるための場所、そして安定した収穫のための施設というものが必要になります。この点から、初期の段階でかなりの費用を投入することになる点はデメリットといえるでしょう。また、餌が必要です。天然魚の場合には、海などで自らえさをとり勝手に育ちますが、養殖の場合には餌を与える必要があるため、その分コストがかかります。そして餌代が必要にもかかわらず、実際に売ることができるサイズに育てたとしても、天然魚よりも価格がどうしても安くなってしまうため、この点もデメリットといえるでしょう。

 

養殖業は、安定した収穫が見込めることになりますが、コストの面でいろいろと問題が生じます。安定した利益を出すためにも、コストの削減を心がけることや安定した卸先を確保することが大切です。

page top