漁業権の取得方法

漁業権の取得方法

漁業権は、名前の通り漁業を行う権利のことです。漁業権は知事によって、各地域の漁業協同組合を対象にして認可されているものです。ですので、個人に対して認可されることはありません。

 

内水面、つまり湖沼や河川などに関しての漁業権については水面を管轄する漁協から入漁券と呼ばれるチケットを購入することで得ることは可能です。この場合には、厳格な取り決めによって一定期間において漁業を行うことが出来ます。淡水魚の場合に主な漁獲ならびに養殖対象魚・生物となるのはウナギ・鯉・アユ・ニジマス・サワガニ・すっぽんなどが該当します。

 

漁業

 

海の場合、一般にも許可している漁協はごく一部の限られた漁協だけです。ですので、個人が釣りをするのであればルールを守ったうえであれば問題はありませんが漁を行うことや漁と疑われるような行為をすることは法律で禁じられていることになります。また、湖沼や河川でもルールを守らないと処罰対象となりますので、注意しておくことがいえるでしょう。

 

漁業権を日本国内で取得するのであれば、漁師は特に国家資格や民間資格が必要な職業ではありません。ですので、漁師になるための試験があるわけではないです。しかし商売として漁業をするときには漁業権を取得する必要があります。取得方法は、日本国内においては日本の各地にある漁業協同組合のもとに管理されているため漁協に加盟し、売り上げの一部を支払うなどをします。そうすることで、漁業権を取得することが可能となります。

 

漁業権以外に漁業を行うにあたっては海や湖での場合は沿岸漁業で船を出して漁をするうえで欠かせない小型船舶操縦士免許が必須です。小型船舶操縦士免許は、20t未満の小型の船を操縦できるようになる免許のことです。

 

小型船舶操縦士免許は、海域内で守るべきルールや気象の知識・救助の方法などについての知識があることを証明するために設けられている資格のことです。車の免許証と同じことであり、これがなうと船の操縦ができません。もしも個人事業主として自分の船で活動を行う場合には、必ず小型船舶操縦士免許を取得しなければいけない決まりとなっています。

page top