日本の漁業の問題点

日本の漁業の問題点

日本の食文化を支えている水産業。古くからの歴史を誇っており、世界に誇れる技術や経験を蓄積させてきたことで、日本の社会的な発展を大きく担ってきたと言っても過言ではありません。その状況の中でも、日本の漁業は成長段階から、衰退の一途をたどるようになっていました。衰退の問題点を考えるうえで、業業に従事している人口に着目する必要があります。漁業に携わる人がいなければ、その分野は成り立つことができず、長きにわたって築き上げられた技術と経験を次世代に継承することが不可能になってしまいます。それと同時に、現代人の食生活を根本的に支えるものを失うことを意味します。

 

漁業

 

日本における漁業の人口はピーク時に100万人いましたが、現在は20万人を割り込んでいました。その割り込んでいる状況を鑑みても、減少の一途をたどっています。また平均年齢は60歳を超えているので、限界集落化が加速する悪循環も問題視されるようにもなっています。漁業における高齢化問題が進行している限り、日本の漁業はいずれ消滅の危機にさらされます。

 

そのような問題点を解決するために、現在の技術を継続的かつ安定的に稼動させることが肝要です。日本には、水産品を加工する世界トップクラスの国内市場があります。その市場を活用することで、漁業の高齢化を解消する糸口を掴むことが可能です。日本は、海外では食べない水産品を加工するノウハウを十分に持っており、加工による付加価値を提供できる強みを持っています。その強みは、市場を最大限に応用させることで、漁業に関連するサービスを世界に向けてしっかりと発信することです。水産資源を丁寧に管理することに成功すれば、市場を活性化させることに直結します。それと並行して、水産業の人口が減少していても、効率的に水産品を加工・販売することが可能となります。漁業を復活させるかは、国内市場の効率化やノウハウの発信を継続することが大切です。

page top